CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。
一般外科症例

胸腰部椎間板ヘルニア

犬の胸腰部椎間板ヘルニアについて紹介します。
犬の椎間板ヘルニアには大きく分けて頚部椎間板ヘルニアと胸腰部椎間板ヘルニアの2つがあります。
頚部椎間板ヘルニアの症例については こちら に記載しておりますので合わせてご参照ください。
犬の背骨(脊椎)は頭側から、頚椎が7個、胸椎が13個、腰椎が7個、仙椎が3個の骨が連なってできており、椎間板とはこれらの骨同士の間をつないでいる組織です。椎間板はゼリー状の髄核とそれを輪状に包む線維輪という物質で構成されており、着地した時などの外からの衝撃を軽減するクッションのような役割をもっています。
椎間板ヘルニアは、この髄核や線維輪が変性を起こして飛び出し、脊椎の中を走る脊髄神経を圧迫することで発生します。原因は加齢や強すぎる外力などで、ダックスフントやパグ、ビーグルといった軟骨異栄養性犬種と呼ばれる髄核の変性を早期に起こす犬種に好発します。
また、ハンセンI型とハンセンⅡ型という二つの種類に分ける事ができ、前者は内部の髄核が変性して逸脱する事で起こり、後者は髄核周囲に存在する線維輪の膨隆により起こります。
胸腰部椎間板ヘルニアを発症すると、腰背部の疼痛、知覚過敏、後肢の運動失調、排泄障害などを呈します。こういった症状が認められた場合、まず触診、血液検査、レントゲン検査、グレード分類などを行い、病変がどこにあるのか調べ、他の疾患の除外(脳、脊髄腫瘍、関節炎等)を行うために、MRI検査に進むかどうか検討します。
椎間板ヘルニアの発生の仕方
胸腰部椎間板ヘルニアは重症度によってグレード分類されています。
胸腰部椎間板ヘルニアのグレード分類
診断にはMRIを用います。どこの椎間板物質が突出しているかの確定診断をつけたあとは治療になりますが、
治療はグレードと突出の程度、再発性の有無、により決定されます。グレードⅡまでの場合、抗炎症薬などを用いた内科的治療と運動制限、グレードⅢ以降であれば外科的な減圧術が選択される事が多いです。いずれの場合も素早い判断と治療開始が重要となります。
外科手術の方法はいくつかありますが、片側椎弓切除術という術式が用いられる事が多く、椎間板物質が突出している方向にアプローチしていきます。
ラウンドバーや超音波骨メスを用いて椎骨を掘削していき、脊髄が見えるところまで到達したら、腹側から飛び出して脊髄を圧迫している椎間板物質を取り除きます。
摘出した椎間板物質
PLDDという手術を行わず低侵襲な治療法も導入されています。「PLDD」とは経皮的レーザー椎間板減圧術の略で、椎間板に細い針を刺し、そこからレーザーを照射することで突出した椎間板物質の減圧や痛みをとります。全身麻酔が必要ではありますが、メスを入れたりする事がないので上記の手術に比べて低侵襲で、多発性に発生している椎間板ヘルニアにも有効です。
Cアームという機械を用いて針を刺す場所を確認し、レーザーを照射します。 治療がうまくいくと少しずつ歩行の改善が見られます。発症してから手術までの時間によっては脊髄の損傷が強すぎたり慢性化していることもあります。その場合は後遺症として後ろ足の麻痺が残ってしまうこともあります。
術後はリハビリを行い、足の筋肉量の低下を防ぎ、再度自力歩行が出来るように促します。