CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

動物の血液透析

動物の血液透析について説明します。
血液透析とは体外に血液を取り出し、ダイアライザーという装置で綺麗にしてから体に返す治療法になります。
人では動静脈吻合により太い静脈を作り出し、そこに針を刺して透析を行うことができます。
しかし動物ではその技術がなく、頸静脈にカテーテルを挿入し行います。
右外頸静脈から挿入されているカテーテル
人工物であるカテーテルは血栓を形成してしまったり感染症を起こしてしまうリスクが高いです。
その為、動物では長期の血液透析を行うことができません。

基本的に動物で血液透析が対象となるのは、治る可能性のある急性腎障害と慢性腎臓病の急性増悪です。
その他にも中毒物質の排出のために透析を行うことがあります。
下の写真は、急性腎障害を起こした症例が実際に血液透析を行なっている様子です。
2週間完全な無尿でしたが、その後排尿が確認され血液透析を離脱しました。

急性腎障害により完全に無尿になった症例は1-3日ほどで高カリウム血症により心停止を起こしてしまいます。
しかし血液透析を行うことで腎臓の代わりにカリウムを排出することでき、腎臓が回復するまでの時間を作ることができます。

より詳しいことは私の運営する「犬と猫の血液透析」のHPにて紹介しております。
ぜひそちらもご確認ください。

執筆担当:獣医師 三浦 篤史
実際に血液透析を行なっているところ。
透析中は脳が浮腫むため、頭を高くします。
全体の様子。
退院後の通院の様子。
無治療でとても元気に過ごしています。