免疫細胞療法(活性化自己リンパ球療法)

がん治療の三大療法(外科療法、抗がん剤療法、放射線療法)に加え、第4の治療法として注目されています。免疫細胞を体外で増殖させて体に戻す方法で、副作用がほとんどなく、高齢の動物や衰弱した動物に対しても安心して治療が行えます。また、従来の治療法との併用で得られる相乗効果や、副作用の軽減も注目される点です。

免疫細胞療法って?

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする「免疫力」という自然治癒力が備わっており、体内にできたがんや体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃します。 免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫力を利用したり、免疫力を高めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

がんの治療は、1. 外科手術、2. 化学療法(抗がん剤療法)、3. 放射線療法の三大療法がこれまで主流を占めてきました。これに継ぐ第4の療法として、がん治療特有の苦痛を伴わず生活の質の改善を高める治療法として、免疫細胞療法は世界中で研究され、臨床的な効果が得られる治療法になりました。

現在、免疫細胞療法は、四番目のがん治療法として三大療法と併用することで、さらなる治療効果があることが期待されている治療法です。
免疫細胞療法

がん免疫細胞療法について

特徴
血液に含まれるリンパ球を体外で培養し、それを再び体内に戻してあげることでがん細胞を攻撃させる療法です。免疫細胞療法も様々な種類があります。
メリット
小さながんや全身に広がったがんに対する治癒効果、切除後のがんの再発予防、副作用がほとんどない、生活の質の向上が期待できます。
デメリット
大きな腫瘍を小さくすることはできません(がん休眠療法)。安価な治療法ではありません。投与回数により、さらに費用が高額になります。

治療の流れ

イヌ、ネコの血液(10-12mlを採血)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を行ないます。約2週間後、およそ1,000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。

がん免疫細胞療法の種類

・活性化自己リンパ球療法(CAT療法)
・樹状細胞療法(DC+CAT療法)

細胞の安全性について

免疫細胞療法に利用する細胞は、隔離された専用の機器など、無菌的で安全な環境下において培養されます。細胞の安全性については、細菌やカビなどの汚染に対して細心の注意を払っております。

インフォームド・コンセント

イヌ、ネコの免疫細胞療法を受けられるにあたって、その治療方法、ならびに副作用、費用などについて担当の獣医師から詳しく説明させて頂きます。お気軽にご相談下さい。