SERVICES 診療科目
問診、触診、聴診、視診、血液検査、血液生化学検査、レントゲン検査、
超音波エコー検査、内視鏡検査、CT検査などにより原因を追究し、治療にあたります。
通院治療や入院治療、場合によっては手術が必要となる事もあります。
診療対象動物
犬・猫・エキゾチックアニマル(ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット)
※エキゾチックアニマルの診療については、担当獣医師がいる曜日に限りますので、事前にご連絡をお願い致します。
一般内科
循環器科/呼吸器科
(心臓病、動脈硬化、静脈瘤、血栓塞栓症、気管支炎、気管虚脱、肺炎、咳、鼻涙管炎、など)
疲れやすい、咳・くしゃみが出る、息苦しそう、眠れない、急に倒れる、呼吸時にガーガー言う、舌の色がおかしい、などの症状があらわれた場合には注意が必要です。
特に心臓病については症状があらわれた時には既に重症化している事もあり、無症状の時期に診断し、早期の対策が重要となります。
消化器科
(※ご来院の際、嘔吐物や排泄物を持って来ていただくと診断の一助となります。)
(口腔疾患、食道炎、胃腸炎、胃潰瘍、腸閉塞、炎症性腸疾患、大腸炎、膵炎、膵外分泌不全など)
嘔吐、下痢、便に血やゼリー状のものが混じる、便の色が黒い、排便時に痛がる、体重が落ちた、食欲がない、吐血する、お腹が痛そう、などの症状があらわれた場合には注意が必要です。
また、異物の誤食の際は誤嚥、腸閉塞などに繋がる可能性もありますので、様子を見ずに早めの受診をお勧めいたします。
肝臓、胆嚢疾患
(肝炎、肝硬変、肝不全、胆嚢炎、胆嚢粘液嚢腫、胆管炎、胆管閉塞、黄疸など)
嘔吐、腹痛、食欲がない、目や口の粘膜が黄色くなった、ぐったりする、 痙攣などの様々な症状が出る事もありますが、なんとなく元気がないなど漠然としていることも多く肝臓は沈黙の臓器と言われますが、症状が出た時には既に病気が進行している事もあるので要注意です。
腎臓、泌尿器科
(腎不全、腎結石、尿管結石、膀胱炎、膀胱結石、尿道炎、尿道結石、など)
頻尿、血尿、尿の色が薄い、尿がキラキラしている、尿が出ないなどの症状があります。
特に腎臓はその機能が1/4程度に低下するまで症状、検査結果に現れない事もあり、年齢とともに腎機能は低下していく場合もしばしば見られる為、定期検診をお勧めします。
結石が出来やすい体質の場合、結石の出来にくい体質に改善するために食事療法から開始することもあります。
脳神経科
(脳炎、髄膜炎、てんかん発作、椎間板ヘルニアなど)
足を引きずる、手足の感覚がなさそう、顔や足がピクピクする、旋回運動をする、痙攣する、ふらふらして上手く立てない、背中を痛がって震えるなどの症状が見られます。
特に痙攣発作などの場合、重度になると脳に障害が出てしまうこともありますので、お早めにご相談ください。
痙攣なのか、ただの震えなのか分からない場合、お手数ではありますがその状況を動画に撮って来ていただけると診断の一助となります。
腫瘍科
(リンパ腫、肥満細胞腫、など)
イボのようなものが急激に大きくなってきた、短期間での体重低下、嘔吐、お腹が大きくなってきたといった非特異的な症状があり、腫瘍は悪性か良性なのか、存在する部位やその種類によって症状は多岐に渡ります。治療法はがんの三大治療と言われる外科治療、抗がん剤治療、放射線治療があり、それぞれの治療に対して反応が良い腫瘍と悪い腫瘍がある為、まずはいかなる腫瘍なのかの診断が重要です。
また、第四の治療として免疫療法(先進獣医療を参照)も当院では行っております。
当院グループには腫瘍に精通した認定医も在籍しており、本院では腫瘍科専門外来も行っております。セカンドオピニオン等にも対応しておりますのでご相談ください。

内分泌疾患
(糖尿病、甲状腺ホルモン疾患、副腎ホルモン疾患)
急にぐったりする、体温が低い、体の毛が薄くなった、水をよく飲む、尿量、回数が多くなった、食べているのに痩せてきた、元気がない、などの症状がある場合はホルモン分泌の過剰や低下による内分泌疾患の可能性があります。
ホルモンの濃度や血糖値、飲水量、尿量の測定を行ったりします。
皮膚科
(膿皮症、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、感染性皮膚炎、外耳炎、中耳炎など)
かゆがる、舐め続ける、ぼつぼつができた、湿疹ができた、フケが出る、ベタベタする、毛が抜ける、など、皮膚の症状は外見上の変化が主であり、気づきやすい事も多いですが、毛で隠れていたり、触っていないと気づかない事もあります。また季節によって症状が出たり出なかったりする場合もあります。
内服、外用薬治療がメインになる事が多いですが、シャンプーなどのスキンケアも治療に組み込むとさらに効果的になります。
眼科
(角結膜炎、角膜潰瘍、ドライアイ、白内障、緑内障、瞬膜炎、流涙症、麦粒腫、霰粒腫など)
ものによくぶつかる、夜の散歩で歩かない、目が開きにくい、眩しそう、白目が充血している、目が白く濁っている、などの症状が見られます。
視覚は日々の生活において非常に大きな影響を及ぼしますので上記のような異変に気付いたら早めに受診することをお勧めします。
一般外科
呼吸器外科
(肺腫瘍、胸腺腫瘍、気管切開術、軟口蓋切除、乳び胸など)
呼吸が早い・苦しそう、咳が出る、開口呼吸が続くなどの症状がある場合、気管や咽頭、肺に問題があることがあります。
その場合には肺の一部を切除したり、気管を開口させるといった外科的処置が必要なこともあります。
心臓外科
(僧帽弁閉鎖不全症、心室中隔欠損症、動脈管開存症、フィラリア症など)
呼吸が早い・苦しそう、咳が出る、疲れやすいといった症状や健康診断で心雑音が聞こえる場合などで、心臓に問題があることがあります。
内科治療を行うことが多いですが、外科手術が適応になることもあります。
本院である目白通高度医療センターでは体外循環装置を備え、心臓外科に対応することができます。
消化器外科
(消化管内異物、消化管腫瘍、腸閉塞整復、胃拡張胃捻転整復など)
嘔吐、下痢、食欲不振などの症状がある場合、消化管に問題があることがあります。消化管の切除や整復、固定が必要な場合には手術を行います。
また、異物を誤食してしまった場合、症状がなくても、内視鏡や手術により摘出を行うこともあります。

肝臓、胆嚢外科
(肝臓腫瘍摘出、胆嚢粘液嚢腫、、門脈シャント手術など)
症状は様々で、元気低下、嘔吐、下痢、食欲不振などの非特異的なものから、成長不良、黄疸(粘膜が黄色くなる)や痙攣、といった重度なものまであります。
肝臓の腫瘍や膿瘍、胆嚢粘液嚢腫や門脈シャントという病気の場合には手術が必要になることがあります。

腎臓、泌尿器外科
(膀胱結石摘出、会陰尿道瘻、尿管バイパス手術、尿管ステント設置など)
頻尿や血尿、尿がキラキラしている、尿が出ないなどの症状の場合、腎臓・尿管・膀胱・尿道に結石や腫瘍があることがあります。
結石を取り除いたり、閉塞を解除するような手術を行います。
場合によってはステントを使用することもあります。緊急性の高い疾患も多く、迅速な対応が必要になります。
生殖器外科
(子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、前立腺嚢胞、前立腺腫瘍、精巣腫瘍など)
未避妊雌で陰部から膿や血が出る、尿が多く飲水量が多い(多飲多尿)、元気食欲低下、などの症状がある場合子宮の病気の可能性があります。
手術が必要なことが多く、緊急性も高いため迅速な対応が必要になります。
雄では尿の回数が多い・出にくい、尿がいつもより臭う、血尿、左右の精巣の大きさが異なる、元気食欲がないといった症状の場合、精巣や前立腺の問題のことがあり手術を行います。
内分泌外科
(甲状腺腫瘍摘出、副腎腫瘍摘出、膵臓腫瘍摘出)
症状は多岐にわたり、元気食欲がない、多飲多尿、痙攣発作、ぐったりしている、首が腫れている、腹部が張っているなどがあります。
診断には慎重を要します。摘出が必要な場合には手術を行うこともあります。
整形外科
(各種骨折整復、各種脱臼整復、前十字靱帯整復、膝蓋骨脱臼整復など)
足を跛行・挙上する、痛がっている、だらんとしている、などの症状がある場合は骨や関節の異常が疑われます。手術が必要なことが多く、なるべく早期に行う必要があります。当院では各種プレート・スクリューを揃えており、前十字靭帯断裂に対するTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)も行っております。
脳神経外科
(椎間板ヘルニア整復、馬尾症候群、環椎軸椎不安定症整復、など)
足を引きずる、よろめく、うまく立てない、どこか痛がる、といった症状の場合には神経学的な異常が原因のことがあります。
手術による椎間板の摘出や、脊椎の固定術などが必要なこともあります。
口腔外科
(歯周病、歯肉炎、歯石、破折、など)
固いものを食べられなくなった、口が臭う、口を痛がる、歯石がついているといった場合に手術により歯石を取ったり、スケーリングで磨いたりします。
悪くなった歯は抜歯して縫う処置が必要なこともあります。
腫瘍外科
(肥満細胞腫、メラノーマ、線維肉腫、扁平上皮癌など)
皮膚などにできものができてしまった場合、細胞診(FNA)などの生検を行い、結果次第では切除が必要なことがあります。
できた場所や腫瘍の種類によって切除方法は様々です。
切除した腫瘍が悪性であった場合には、抗がん剤や放射線による治療などを行うこともあります。
先進獣医療
免疫細胞療法
がん治療の三大療法(外科療法、抗がん剤療法、放射線療法)に加え、第4の治療法として注目されています。免疫細胞を体外で増殖させて体に戻す方法で、副作用がほとんどなく、高齢の動物や衰弱した動物に対しても安心して治療が行えます。
>詳細はこちら
再生医療
動物自身の幹細胞を体外で培養・増殖させて、再度体内に導入し、病気や怪我で失った臓器や組織の機能を再生させる治療法です。これまで治療法が存在しなかった病気に対する新しい治療法として注目されています。
>詳細はこちら
CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。
一般外科症例

前肢上腕骨の遠位成長板骨折の症例

今回ご紹介するのは成長期の犬の骨折についてです。

成長期の骨には、成長板という組織があり、そこで骨が作られ徐々に長く硬くなっていきます。特に長幹骨と呼ばれる長い骨(腕や足の骨)には、成長板は重要な組織です。しかし、成長板は普通の骨に比べて脆く、衝撃が加わると折れやすい組織なため、成犬の骨に比べて弱い衝撃でも折れてしまう事があります。成長板が折れたままになっているとそこの骨の成長が妨げられ、骨が短くなる、曲がってしまう、持続的な痛みを引き起こす、などの症状が出てくることがあります。

成長板骨折には大きく別けて5つの種類があります(Salter-harris(サルターハリス)分類)。
青いラインが成長板です。数字が大きいほど後の障害が出やすいと言われています。 Type5は、強い圧力が加わることで成長板が機能しなくなるタイプです。

今回の症例は5ヶ月のトイプードルで、散歩中に道路の側溝に落ちてから左前肢を挙げるとのことで来院されました。触診では左前肢の肘の部分を痛がり、レントゲン検査を行ったところ、左上腕骨の成長板骨折と分かりました。先ほどのSalter-Harris分類のType4で、成長板が斜めに折れていました。
活発な性格ということもあり、放って置くとずれが大きくなり将来的に腕が曲がってしまったり、短くなる、悪いケースでは使えなくなってしまう可能性が考えられたため、オーナー様と相談の上、手術を行うことになりました。

成犬の骨折ではプレート・スクリュー法という、ガッチリとした強固な固定を行いますが、仔犬の成長板骨折ではプレートを使用すると成長を妨げてしまうため、ワイヤーとスクリューを使った術式を用います。

まず肘の上腕骨にアプローチするために、尺骨という骨の一部を切断し、視野を広くしました。骨折端が見えたところで、横方向にはスクリュー固定(ラグスクリュー法といいます)を行い、縦方向(骨が伸びる方向)にはワイヤーを使った方法を用いました。骨折端がピッタリとくっついているのを確認した後に、先ほど切断した尺骨の切断面を戻しワイヤーにて固定しました。
術後は少しずつ足を使うようになり、2ヶ月ほどたって骨が癒合し、スクリューとワイヤーを全て抜去しました。早めに治療できたため、足の長さは左右差なく成長することができました。
成長板骨折は早い段階で整復すればその後良好に経過することが多い疾患です。骨は成長期にしか成長しない組織なので後々障害を出さないようにするためにも、足を挙げてしまう、いつもと違う動きをする、どこか痛がっているなどの症状があればすぐに病院に来院されることをお勧めいたします。