CASES 症例紹介
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。
一般外科症例

指の骨の骨折(中手骨骨折、中足骨骨折)

指の骨折では人で言う手のひらの骨、つまり中手骨、中足骨の骨折がほとんどです。
大型犬ではプレートを入れられる子もいますが、猫や小型犬ではピンでの固定が一般的です。
犬猫では第3指、第4指が重要で、そこの固定をしっかり行わないと足をつくようになりません。
子猫の指で0.6mmという最も細いピンを入れています。